速さや馬力よりも大事な価値観を「くるまホッコリ亭」

どんな車が好きなのか?速いのもパワーがあるのもいい。けどホッコリできるようなタイプも良い。そんな多様性のある価値観を車選びにも!

新型アルト/アルトRS (2018)の値引きと現行モデルの評価について

   

ご機嫌いかがでしょうか?

当ブログ「くるまホッコリ亭」のうたたねです🤣🌟💫

新型アルト/アルトRS (2018)値引き

「新型アルト/アルトRS (2018)」の値引きはこのくらい!?

さてさて、リサーチした結果・・・⤵⤵⤵

10万円くらいの値引き!

う~~~ん!!!

あまり喜べる感じではないですけど、まぁ割引率5%~あればいっかな?

新型アルト/アルトRS (2018)値引き

あとはオプションの頼み方によっても変わってきますが、ひとまず平均したのが上記です。

そりゃ新型車なので、はじめから値引き額が高かったら逆に怪しいですよね(笑)

ちなみに以下のサービスに頼んでおけば、高く車を売ることについてはひとまずOKです~!

大手の圧倒的安心感・・・。

値引きのまえにまだ愛車の売り方に悩んでいる方はどうぞ。

あとから後悔したら勿体無いので(。・∀・)ノ

▼公式サイトへ
確実に3千円分得する愛車の買取

新しい車は、早い者勝ち!?

新しくて、かつ話題になってる車種ほど、やっぱり早い者勝ちってイメージです。

というのも、あとから頼まれてもメーカー側も困ってしまうんですよ。

すでに先行予約も埋まっていて、かつバックオーダーも貯まっていたら...生産スケジュールはかなりきつい。

そのうえトラブルになったらお互いに面倒ごとが増える...

だから新型アルト/アルトRS (2018)も早い者勝ち。

早い者が得をするように仕組まれています。

ですので新しい車なのに、あとから値引き額を引き出そうにも、それはテクニックうんぬんの前に、戦略として成り立たないことが多いです。

ちょっと辛辣な言い方かもしれませんが(笑)

車マニアのあいだではもう常識?値引きより得する方法

新しい車種は、値引き額がやっすいです。

新型アルト/アルトRS (2018)も例外ではありません。

それは上記してきたとおり。

だけど、なにも諦める必要はございません。

最近は多くの方に知れ渡ってきていますが、ディーラーの下取りではなく、業者に高く売るほうがいいです。

(別に知れ渡るほど使えなくなるワザじゃないので、がんがん広めますがw)

平気で10~30万円の差がでます。

新型アルト/アルトRS (2018) 買取 下取り

その差額だけ、私たち一般客にお金が残るということです。

なぜかって、やっぱりディーラーさんも商売なので、下取りすると仲介手数料が引かれてるんですよ(小声)

「うちで下取りしてくれたら、こんなサービスしますよ~」みたいな約束、あれもあまり意味ないんで...(小声)

だから下取りって安いんです。

でも業者さんならそのマージンがないので、だから査定額が10~30万円くらい変わってくるんです。

これ個人の一般客にとって、かなり大きな数字ですよね。

それが手っ取り早くできるのが、これってことです。

▼公式サイトへ
確実に3千円分得する愛車の買取

ガリバーだとか、大手の業者さんもいるので安心して試してみてくださいね。

サラッと言ってますが、わりとすごく助かるサービスです(笑)

みんなの「新型アルト/アルトRS (2018)」レビュー!

現行モデルの評判やいかに・・・

新型アルト/アルトRS (2018) 買取値引き

まるで欧州コンパクトカーのよう
【総合評価】
 47万円で登場した初代から数えて35年/8代目。2014年12月に登場した現行アルトは、まさに“ベーシックカーとしてのアルトを再定義”した仕上りが注目だ。斬新なスタイル、従来比-60kgの軽量化設計、横滑り防止機能(ESP)全車標準装備などがポイント。

【良い点】
 まるで欧州コンパクトカーのような、軽快でいて、しっとりとフラットな乗り味。VW up!を思わすシンプルなインテリア。乗降性のいい大きな後席ドア開口部。

【悪い点】
 後席はスペースは十分で、シートクッションの“反発”も心地いいが、座面前後長がやや短い。

初めてのスズキでしたが、乗りやすい。
【所有期間または運転回数】
まだ買ったばかり。

【総合評価】
普段の足として使うには、100点満点。

【良い点】
燃費がよい。小回りが利く。

アルトVP 5MTです
車好きに最適なアルトVPの5MTです。確かに速い。

セカンドカーとしては優秀です
セカンドカーとしては優秀です。 通勤は勿論、一人二人で少し出歩く時等にも非常に活躍してくれます。 燃費も良く、小回りもきき、コンパクトなので駐車スペースも余裕があります。
ただ、ファミリーカーとしてはパワー不足やスペース、内装に不満が出そうですね。

【良い点】
とにかく燃費が良いです。 一人で乗っての通勤用や買い出し程度なら文句なしの車だと思います。
古い軽と違って十分な広さは確保されていますし、人や物を乗せるにも支障はありません。

【悪い点】
やはり軽なので、乗員が増えたり、急な上り坂ではパワーの無さを感じますし、燃費もガクっと落ちます。 内装を気にするなら、安っぽさを感じるでしょうね。

おすすめ車
【所有期間または運転回数】
 3ヶ月

【総合評価】
 全体的にはかなり高い評価です

【良い点】
 運転のしやすさ 乗り心地 燃費もいいですね

【悪い点】
 男性にはちょっと物足りなさが感じます、グレードが低いせいかな女性には合ってると思います。

引用元:Goo-net

なかには、ほんと運転してみないとわからない内容もありますね。

もちろん何を重視するだとか、その方の背景や家族構成っていろいろです。

でも、どんな方にも共通していえるのは・・・

少しでも維持費や初期コストが安ければ、それは喜ばしいってことでしょうか(笑)

ま、自分で整備、メンテナンスできるとまた別でしょうけど。

とりあえず気持ちに余裕をもったお買い物をしたいなら、こちらを試してみてくださいね。

もうTVやラジオ...あと雑誌での宣伝で、ご存知かもしれません。

▼公式サイトへ
確実に3千円分得する愛車の買取

事例:近所の査定額は36万円だった三菱パジェロ

私が「【楽●天】中古車買取査定市場」を利用したのは、平成16年式の三菱パジェロを手放したときです。

そこで私が【楽●天】中古車買取査定市場を利用した時に感じた感想を話していこうと思います。

じつは利用する前に、近所の中古車屋さんで査定をしました。

そこで出してもらった査定金額は36万円でした。

平成16年式なので、まぁこのくらいの値段が相場なのかな~とも思いました。

が、どうしても納得できずにいました。

もう少し高い金額で売れないものか???と思って利用してみたことがきっかけでした。

【楽●天】中古車買取査定市場をつかって感じた3つのメリット

【楽●天】中古車買取査定市場サービスの3つのメリットは、

      自宅に居ながらにしてかんたんに車を売却できること
      他社との値段の比較ができること
      下取りや個人の中古車屋さんに行くよりも高い金額で売れること
      大漁の楽天ポイントまでもらえちゃうことと

こんな感じに思えましたね、個人的に大満足。

チャチャッと秒速で申し込める!

まずこの【楽●天】中古車買取査定市場はネットで申し込んでおくだけです。

それで売りたい車に興味を持ってくれた業者のほうから、私のほうに連絡が来るというシステムです。

ですので”売りたい私”と”買いたい業者”という立場が成り立ちます。

業者も買い取りたい意思があるので、値段も必然的に良いものになっていきます。

出張査定にも対応しているし引き取りも自宅まで来てくれるので、こちらからお店に出向いたりする手間がなくとても楽なのです。

4社の出張査定の結果・・・70万円に!

次に”他社と値段の比較ができる”という点ですが、【楽●天】中古車買取査定市場は複数の業者から買い取り希望の連絡が来るので、いろいろな業者からの査定金額を比較することができます。

それにより、より高いものや、より待遇のよいものを自分で選ぶことができます。

私の場合、4社の出張査定を受けた結果・・・2社が70万円という結果になりました。

最初の中古車屋さんで査定してもらったときは35万円ですから、2倍になったので飛び上がるほどうれしかったです。

ゾッとしたこと

ただ、70万円の2社のどちらにしようか悩みました。

2社にその旨を伝えると、A社のほうが72万円に金額アップしてきたのでA社に決めました!!!

最初の査定金額の35万円で手放していたら37万円も損をするところでした。

それを思うとゾッとします(笑)

ほんと新型アルト/アルトRS (2018)を買うまえに、軍資金が増えて気持ちも落ち着きました(*´ω`*)

最後にちょっとデメリットを

3つ目のメリットは、下取りや個人の中古車屋さんよりも段取りよくこと。

効率的に高い金額で買い取ってもらえるので、この【楽●天】中古車買取査定市場を利用しない手はないと思います。

そして最後にしいてデメリットを言うならば、買取り業者との電話連絡や査定の日に時間を作らなければいけない点くらいで、まぁでも大きなデメリットは感じませんでした。

大人なので当然といいますか。。

▼公式サイトへ
確実に3千円分得する愛車の買取

では最後までありがとうございます。

新型アルト/アルトRS (2018) 値引き傾向

”新型アルト/アルトRS (2018)の値引きと現行モデルの評価について”というページでした。

 - 新型アルト/アルトRS (2018)